遺品整理にも

突然、遺品を整理しなければならなくなった。突然、大切な人が亡くなってしまうと、何から手をつけて良いか分からなくなりますよね。故人の大切にしていたものなので、なるべく丁寧なかたちで整理をしたい。遺族なら、そう感じるのが常でしょう。特に、専門家でないと判別が難しいもののひとつがカメラではないでしょうか。個人がカメラの愛好家ならまた更に貴重なものである可能性が高いです。

カメラよくある遺品整理をお願いすると、基本的には“捨てる”という概念になります。大切なカメラも専門家が査定しないと本当の価値が分かりにくいといいますので、遺品整理だと、廃棄同等の価値にしかならない場合が多いでしょう。それに対して、遺品整理をお願いすると、比較的価値のわかる処遇にはなるようです。しかし、カメラの場合は、目に見えぬ価値が付いている場合が多いので、是非、専門家にお願いしましょう。年代物のカメラなど、コレクターにはたまらないようなカメラがひっそりと眠っているかもしれません。

このように、突然の遺品整理、そう何回も経験を積んでいる方も少ないでしょう。カメラのように専門分野で価値観を共有できる方がいるような品物は、特別な配慮が必要になってきます。